こんにちは 住まいの西方です                    西方建築

新潟市南区庄瀬地区で大工と米作りをしています。一級建築大工技能士 二級建築士 新潟清酒達人検定 銅の達人   

天 國弘(国弘)とおぼしき(思いたい…)鉋 偽國? その後

日本の伝統工具(土田一郎さん著)より

 國弘 義廣

後三条より江戸に出て来て名声を得た天才的な鍛冶屋。大入ノミの原型を考案し、鉋の頭の形を改良し、鍛造技術にすぐれた、おそるべき兄弟。多くの優秀な弟子を持った事でも有名である。

 

果たして本物なのでしょうか?

 

 

錆水に浸けると錆が落ちます  不思議

 

鎌倉市の小動神社本殿解体時にいただいた和釘と鎹(かすがい)と共に浸けておきます
f:id:katoributa-sn:20180624175339j:image
酸化皮膜のような風合いになりました

裏鋤きは思ったより深く、裏出しが大変でした 

錆が深いところもあり、かなり裏出ししないと完全に取り去ることができなさそうです…
f:id:katoributa-sn:20180624175120j:image

表馴染みは鎚の跡が残っていてかなりぽこぽこです
f:id:katoributa-sn:20180624175134j:image

側面  薄造りです 厚いところで
f:id:katoributa-sn:20180624175208j:image
地金は巣が全くなく、まるで極軟鋼のようです

鑿のようにかすがい状に鋼が鍛接してあります

研いだ感じでは、研ぎ安いが、粘りがある?
f:id:katoributa-sn:20180624175151j:image
f:id:katoributa-sn:20180624175226j:image

"國"は潰れていてよく読めませんが"弘"はわりとはっきりしています
f:id:katoributa-sn:20180624175849j:image

一枚鉋です
台はひび割れが複数入っていたので、エポキシで固めました
f:id:katoributa-sn:20180624175238j:image
f:id:katoributa-sn:20180624175256j:image

筆で大口?と書かれているようです

使われていた方の名前?
f:id:katoributa-sn:20180624175308j:image

厚いところもありますが…10ミクロン以下は出ます
f:id:katoributa-sn:20180624175749j:image